私の独断と偏見による山梨県の2大観光スポット、河口湖と富士急ハイランドについてまとめてみました!癒しの河口湖と、刺激の富士急ハイランド、あなたはどっち派!?

山梨といえば!河口湖VS富士急ハイランド

富士急ハイランドのアトラクション(3)

『鉄骨番長』

2009年7月18日開業の『鉄骨番長』は、「天空の回転ブランコ」とも呼ばれています(・∀・)高さが50mを越える大型回転ブランコです高さが50mを超える回転ブランコ型アトラクションとしては、日本初登場かつ日本最高のスペックです(´∀`*)CMキャッチコピーは「またヘンなものを、つくってしまった。」・・ほんと、ネーミングセンス最高ですね!ちなみに、ナガシマスパーランドに2012年3月17日に開業した「スターフライヤー」、2012年7月28日にグリーンランドに開業した「スターフライヤー・ゴクウ」及びニューレオマワールドに2013年春開業予定の「バードフライヤー」は同機種です

素泊まりできる民宿リスト!

『鉄骨番長』の安全対策

『鉄骨番長』のお腹のシートベルトは安全器具は従来の回転ブランコと似たもの(バーと座席を繋ぐベルト)ですが、機械的にロック解除される仕様になっていて、つまり乗客がロック解除出来ない仕様になっていますこれは、従来より遙かに高い所を回るので、乗客によって安全器具が解除された事により、転落事故が発生するのを未然に防ぐ為だそうです取っちゃう人、いるんですかね??(笑)入口前の頭上に張られているネットは、乗客が携帯電話などを持ち込んで乗車し、万が一落とした時に下にいる客に当たらないようにする為の安全対策だそうです

『鉄骨番長』のスペック

  • タワー高さ:地上59m
  • 回転部最高到達地点:地上52m
  • ゴンドラ最高到達地点:地上47m
  • 最大回転直径:28m
  • 最高速度:51km/h
  • 所要時間:約3分
  • 乗車定員:最大24名(2人乗り×12台)
  • 乗車規定:身長110cm以上 年齢65歳未満(身長130cm未満は中学生以上の付き添いが必要)
  • 総工費:約5億5000万円
  • 製造メーカー:Funtime(墺)

『高飛車』

FUJIYAMA、ドドンパ、ええじゃないかと共に同園「4大コースター」といえば、『高飛車』ですね(´∀`*)2011年7月16日開業。キャッチコピーは「おいで、かわいがってあげる。」です(笑)リニアモーターによる直線加速と、垂直巻き上げによる地上43mからの落下がある大型コースターで、最大落下角度は121度!!2011年7月に当時ギネスに認定されました

『シャイニング・フラワー』

『シャイニング・フラワー』は、山梨県にある遊園地「富士急ハイランド」にある観覧車「シャイニング・フラワー」。観覧車自体は1966年7月から存在していましたが、1995年3月に現在の「シャイニング・フラワー」としてリニューアルオープンしました世界で初めて、床・壁・天井・シートの全てが透明のゴンドラです。カップル向けに造られていて、2人がけのベンチシートとなっていますが、カップルなどによるプラスチックを削る落書きが後を絶たず、景色を見るための見栄えは悪くなっているのが残念です(><)

『シャイニング・フラワー』スペック

  • 最高部高度:50m
  • 回転直径:45m
  • 所要時間:約11分
  • ゴンドラ数:32台(通常ゴンドラ28台、透明ゴンドラ4台)
  • 乗車定員:最大120名(通常ゴンドラ4名×28台、透明ゴンドラ2名×4台)
  • 乗車規定:透明ゴンドラは妊婦の利用不可

『レッドタワー』

『レッドタワー』は、高さ60mの真っ赤な鉄塔を座席がゆっくり上昇し、地上52mで暫く静止した後、前触れもなく突然強制落下をする垂直落下型アトラクションです(・∀・)落下する瞬間の-1Gから、停止し上昇する瞬間の4Gまでの重力変化が体感できます。よみうりランドのクレージーストンなどと同機種ですが、富士急ハイランドの方が頂上で停まってる時間が長いのが特徴です

『パニックロック』

パニックロックは、時計をモチーフにした垂直回転型アトラクションです(・∀・)足がぶら下がって踏ん張る事が出来ない状態で、前方・後方回転を繰り返したり、逆さまで静止した後逆回転をします。旧後楽園ゆうえんちにあった「ツインハリケーン」とは同機種でしたが、現在は国内で唯一のアトラクションとなっています。

『マッド・マウス』

『マッド・マウス』は、2人乗りの車両に乗り込み、カントの無いカーブや小さなドロップなどが用意された複雑なコースを、ネズミのように走行する小型のコースターです(´∀`*)現在のものは1999年にリニューアルされたもの。リニューアル前のものはデザインが大きく異なり、場所も現在とは異なる場所に設置されていました

『富士急ハイランド』のイベント

『富士急ハイランド』のイベントのイベントをまとめましたっ(・∀・)

夜の遊園地肝試しツアー
8月限定で行われるイベント。開催は不定期。閉園後、富士急ハイランドの園内全てを使って肝試しを開催。基本的に3~4つの集合場所から同時にスタートし、約1時間で富士急ハイランド内を一周します。ルートは決められていて、一部には通常一般客は入れない関係者専用の場所もルートに含まれています。
七夕でたなぼた
7月7日限定で行われる、遠距離恋愛をしているカップルをターゲットにしたイベント。2人の住まいの距離が229km以上ある場合に富士急ハイランドのフリーパスがプレゼントされます。
冬の絶叫祭り
2004年12月~2005年2月と、2005年12月~2006年2月に行われたイベント。元々はFUJIYAMAの搭乗者数が1000万人に達する事から開催されました。主にフリーパスが割引になり、FUJIYAMAを始めとする4つのアトラクションで特別イベントが行われました。
FUJIYAMA ILLMINATION
2010年~2011年冬期に行われたイベント。既設のイルミネーション装置の他、日本一の高さ60mのツリーなどのイルミネーションが新たに導入されました。
サンタ de Fuji-Q
12月24日のクリスマスイブ限定で行われるイベント。2011年初開催。CLUBフジQ会員の中から抽選で選ばれた50人が、絶叫戦隊ハイランダーと共にサンタの衣装を着て富士急ハイランド内を歩き回ったり、4大コースターに乗るといった内容です。

バックパッカーの旅

ページのトップへ